保 育 目 標

豊かな人間性をもった子どもを育成する

【 ひとり ひとりが 主人公 】

 

1.仏教の精神に基づく保育を行い、他人の痛みが分かる優しい心を育てる。

2.心身共に健やかな体を持ち、豊かな感受性を育てる。

3.一人ひとりの個性を伸ばし、自己表現できる力と、何事も意欲的に取り組む力を育てる。

4.自我の芽生えを養いつつ、協調性を育てる。

5.家庭との連絡を密にし、地域の人々とのふれあいを深め、伝統行事を楽しむ。

施 設 概 要